カウンター ヒルト作製|メイキング|のんびり趣味のナイフメイキング 忍者ブログ

のんびり趣味のナイフメイキング

たまにしかしていないナイフメイキングの備忘録として、 次回製作の参考のために記録していきます。 ※過去の記事内容は随時、追加・訂正等をしますが悪しからず。 また、不精者につき管理が不十分なので、コメントは見落としてしまう場合があります・・・

ヒルト作製


1.罫書く・・・マスキングテープなどの端を使いヒルト溝の底になる位置を決める。
        ノギスのジョーを(ヒルト材の幅-リカッソ厚み)÷2の寸法で固定し
        ヒルト材の幅方向の両側からマスキングテープまで線を引く。
        ヒルト溝の底(マスキングテープの端)を、幅方向の罫書き線を
        超えないように罫書く。        

2.センターポンチ・・・ヒルト溝の底の罫書き線からドリル径の半分+0.5mm程度の
            位置に打つ。(ガイドを使うので穴はこの一箇所で良い。)
            ヒルト材の中心をできるだけズレないように気をつける。

3.穴あけ・・・リカッソ幅より1mm以上小さい径のドリルを使用する。

4.ノコで溝切り・・・マトリックスアイダ製のヒルト作製ガイドを使い、
           仕上がり寸法より小さくなるように
           スペーサーを調整して万力に挟み、ガイドにノコの刃を
           当てながら先ほどの穴まで切る。
           スペーサーを仕上がり寸法に調整すると、ヒルトの開き口部分に
        ノコの歯が食い込み、取れない傷になる

5.歪みとり・・・ノコで切ると切った口がけっこう開くので、万力を使い
        少しづつ締めて元の寸法にする。
        仕上がるまでに余裕があるうちに何回か口の開きを確認すること。
        (時間が経ったり、ヤスリがけで肉厚が減るとまた開いてくるため。)
        ※せっかく削った溝の面が歪んでしまうので、
       溝加工後の修正はできない

5.溝加工・・・ヒルト溝の底に近いほど削れにくいので、ヤスリを食い込ませる
        感じにヤスリを軸方向に傾けながら削る。
        リカッソの厚みが、上が厚く下が薄い場合はスペーサーを
        全体に当てずに部分的に利用する。
        (※多く削りたいところにスペーサーを追加する。)
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
HILTS
性別:
男性
趣味:
ナイフ作り、バイクツーリング

P R