カウンター ヒルトレスナイフの製作工程の構想|メイキング|のんびり趣味のナイフメイキング 忍者ブログ

のんびり趣味のナイフメイキング

たまにしかしていないナイフメイキングの備忘録として、 次回製作の参考のために記録していきます。 ※過去の記事内容は随時、追加・訂正等をしますが悪しからず。 また、不精者につき管理が不十分なので、コメントは見落としてしまう場合があります・・・

ヒルトレスナイフの製作工程の構想

ヒルトレスナイフの作り方をイメージしてみました。

〇ブランク作製・外形削り・ボルトとヒモ穴の穴明け

〇エッジラインとタングテーパー罫描き
 テーパーの始まりはベベルストップの端・ショルダーの先から。
 

〇タングテーパー削り

〇ベベルストップ罫描き
 テーパーを削ると消えてしまうのでテーパーを削ったあとに罫描く。

〇ハンドル材接着面調整とファイバースペーサー接着

〇ハンドル材左右外形粗削り
 接着したスペーサーの余分を削り落とし、ハンドル材の左右の形と大きさを揃える。

〇ファスナーボルトとヒモ穴パイプの穴あけ
 ナイフメーカーズバイスでブレードベベル部分を挟みこみ、
 ハンドル材をタングにクランプして穴明け
 ブレードベベルを先に削ってしまうと水平の基準になる面がなくなる。



〇反対側ハンドル材も同様に穴明け

〇ハンドル材外形削り
 タングより一回り大きい程度まで外形を削りこむ。
 

〇ハンドル材前端面合わせ・仕上げ
 ハンドル左右の前端を一致させて面を仕上げておく。

〇ハンドル材厚み形状荒削り
 板厚のままだとボルトが深く入りすぎ、ハンドル成形時にボルト部分を削る際の
 機械使用による過熱でのハンドル材の焦げの恐れがあるので、ファスナーボルトの
 余分をカットできるよう厚み形状を削っておく。
 

〇ファスナーボルト段付き穴ぐり
 段付きドリルで適切な深さにボルト座面を穴ぐり。


〇ハンドル仮組み
 ハンドル材の組み上がりに問題がないことを確認。
 この段階ならハンドルの作り直しができる。


〇ブレードベベル削り

〇熱処理

〇ブレード研磨

〇ハンドル・ボルト・パイプの接着

〇ファスナーボルト・ヒモ穴パイプの余分を切り落とす

〇ハンドル削り

〇ハンドル研磨
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

あ~、なるほど!
ブレード削る前にハンドル整形するのはいい手ですね。
いいヒント貰いましたw

無題

あくまで思いつきなんですが、ボルトの沈め穴ぐりの深さは決めやすいと思いますw

プロフィール

HN:
HILTS
性別:
男性
趣味:
ナイフ作り、バイクツーリング

P R