カウンター 型紙|メイキング|のんびり趣味のナイフメイキング 忍者ブログ

のんびり趣味のナイフメイキング

たまにしかしていないナイフメイキングの備忘録として、 次回製作の参考のために記録していきます。 ※過去の記事内容は随時、追加・訂正等をしますが悪しからず。 また、不精者につき管理が不十分なので、コメントは見落としてしまう場合があります・・・

型紙

型紙を作る際に、鋼材に直接デザイン画のコピーを貼り付けたり、
厚紙に貼り付けて切って文字通りの型紙を作ったりします。

ただ、鋼材に直接貼り付けると、外形を切り出すときに
穴を切り繋ぐ方法の場合はドリルで破れたり、穴あけの
切削液でドロドロになってしまいます。
また、厚紙の型紙の場合だと、鋼材に罫描くときに強く罫描くと
紙なので筆圧に負けて潰れてラインが変わってしまいます。


以前は1mm厚のファイバースペーサーを使っていましたが、
近所に売っている所がないので、最近作った型紙の材料は
ダイソーのPP板の厚いものを使いました。

作り方ですが、
まず作ったパターンを印刷して5mmほど大きめに切り出し、
できるだけ薄い両面テープでPP板に貼り付けます。
切り出すのは直線部分はカッターナイフと定規を使いますが、
曲線部分はよく切れる刃の小ぶりなハサミで切り抜きます。
その際、線に沿って切るのではなく線の外側を切り出します。
そして切り出したものをサンドペーパーで形状を整えます。

カッターやデザインナイフだけで線どおりに切り抜くのは
慣れないとかなり難しいですし、ハサミで線どおりに切ると
曲線部の切断面がよじれたり潰れます。
また、切ったラインが線の幅の中であっても、その幅で踊っていると
意外にガタガタになるので、削って整えないとおかしいものになります。

型紙の出来は鋼材に罫描いたときによくわかります。
型紙だけ見てよく出来ているように見えていても、
僅かでもガタガタだと罫描き線にはっきりと現れます。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
HILTS
性別:
男性
趣味:
ナイフ作り、バイクツーリング

P R