カウンター 養生の仕方|やってはいけないこと|のんびり趣味のナイフメイキング 忍者ブログ

のんびり趣味のナイフメイキング

たまにしかしていないナイフメイキングの備忘録として、 次回製作の参考のために記録していきます。 ※過去の記事内容は随時、追加・訂正等をしますが悪しからず。 また、不精者につき管理が不十分なので、コメントは見落としてしまう場合があります・・・

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

養生の仕方

ブレード研磨が終わりヒルトを取り付けてから、
ヒルトやブレードが傷つかないように養生される方が
ほとんどだと思います。

やってはいけない養生の仕方
1.ヒルトに木工用ボンドを塗って固めてしまう。
  放っておくとヒルトが変色してしまいます。

2.養生テープの始末
  養生テープを剥がしたら、すぐにしっかりと糊を取りましょう。
  錆びやすい鋼材の場合、剥がし残しの糊の乗っているところが
  湿気を含んで錆びてしまいます。

研磨後にはケミカル類の使用は控える。
私は熱処理後に酸化皮膜を取るためにラストリムーバーなどを
使います(ホルツのラストップキットとクレのものを使用)。
しかし、研磨後のブレードについてしまうと5分くらいで塗ったところが
グレーっぽく変色します(リン酸皮膜?)
意外に深く変質しますので取るのが大変です。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
HILTS
性別:
男性
趣味:
ナイフ作り、バイクツーリング

P R